こんにちは、イベント運営担当の藤村です。

DeNAでは、若手ゲームプランナーの育成を目的に、『座・芸夢 若手ゲームプランナー育成塾 〜未来を担う人に伝えたいこと〜』というイベントを運営しています。業界内の著名な方々を講師に迎え、実践的な講演・演習を行います。
thegame16_banner

今回ご登壇いただいたのは、ディライトワークス株式会社で、FGO(『Fate/Grand Order』)PROJECTのクリエイティブディレクターの塩川洋介さん。

 

塩川さんはこれまで、『KINGDOM HEARTS』や『DISSIDIA FINAL FANTASY』『いけにえと雪のセツナ』などのヒット作の開発や、『『レベルアップ』のゲームデザイン』、『おもしろいゲームシナリオの作り方』などの、ゲームデザイナー向けの本の監訳も手がけておられます。

000

座・芸夢には、第6回目、10回目に続く3度目のご登壇となりました。

 

◆過去の登壇の様子はこちらから

・第6回

『ゲームプランナーとして“長く”活躍するために知っておくべき、たった1つのこと』

http://creator.dena.jp/archives/46136594.html

・第10回

『ゲームプランナーとして“長く”活躍するために知っておくべき、アイデアの考え方』

http://creator.dena.jp/archives/47226359.html

 

ここからは、本イベントの概要をレポートしていきます。

今回参加できなかった方も、こちらのレポートで会場の雰囲気を感じていただければ幸いです。

 
ゲームプランナーに“なるため”に

ゲームプランナーの育成を目的に、これまで『アイディアの考え方』を中心としたさまざまな技術を講義してきた本イベントですが、今回は学生が対象なので、少し違った視点となっていました。

 

今回の内容は『ゲームプランナーに“なるため”に知っておくべき企画書のつくり方』と題し、これまでの『ゲームプランナーの技術』ではなく、『ゲームプランナーになるための技術』といったものになっています。

6
こう聞くと、単なる就活テクニックのような印象を持つ方もいられると思います。

ですが、その内容は決して単なる就活テクニックに留まらず、最終的には強く『アイディアの考え方』に繋がるものとなっていました。

 

それでは、実際の講義の様子を紹介していきましょう。

 

■『就職活動用企画書』に大切なものは

まず、『就職活動用企画書』の例として、実際の学生が作ったある企画書を紹介しました。

 

大まかにその内容を紹介しますと、以下のようなものになります。

・原始時代を舞台にしたアクションゲーム

・プレイヤーは非対称型で、1体のマンモスと複数の原始人に別れる

・マンモス側はVRゴーグルを装着し、借りに来る原始人を追い払う

・原始人側は協力してマンモスを狩る

 

「この企画書には題材の分かりやすさやインパクト、マンモスの操作をVRによる頭部の動きでするなど、いくつか評価できる点もあります。ですが…」(塩川)

17

「評価できない点を挙げれば、いくらでも出せる内容でもありました。では、この企画書に足りないものはなんなのでしょうか」(塩川)

 

ここで塩川さんは、『就職活動用企画書』を作るにあたり、大切となる3つの要素を挙げます。

18

ひとつ目に挙げたのは、見る側の第一印象でもある『タイトル力』

 

「就職活動用に限らず、ゲームのタイトルは非常に大切です。相手に興味を持ってもらうという意味でも、企画書における重要度の半分以上がタイトルにあると、僕は考えています」(塩川)

 

ふたつ目は、企画書全体を作る『構成力』

 

「就職活動用企画書の場合、会社側はすぐにゲームにできるアイディアを求めているわけではありません。むしろそこから見える人としての実力、たとえば論理性を見ています」(塩川)

 

そして3つ目は『ネタ力』です。

 

「縮こまったアイディアではなく、学生らしい思い切りのよさも、就職活動用という意味では重要です。そして何より、その企画の何が面白いのか、しっかり言い切ることが大切です」(塩川)

 

それでは、この3つの要素が入った『就職活動用企画書』とは、どのようなものなのでしょう?    

ここで塩川さんは、自分で作られた企画書を紹介します。

 

テーマは先ほどの学生が作った企画書と同じ『マンモス』でした。

 

「あえて同じ『マンモス』をテーマに作ってみました。まずタイトルを『VRマンモス』とし、シンプルでインパクトのあるものにしています。サブタイトルの『VR体験アトラクションfor博物館』で、やりたいことの補足もしています」

 

「『構成力』の部分でいうと、全体を4ページに整理しています。企画書というのは、ページが多ければいいものではありません。むしろ少ないページで、いかに要点をまとめられるかが見られると考えてください。内容は積み上げていくことよりも、そぎ落としていくことの方が重要です」

 

「『ネタ力』という意味では、とにかく全体を『マンモスっぽいのがすごい』で押し通しました。思い切りがいいだけでなく、この企画の目的が明確に感じられたと思います」

25
ここまでの解説を踏まえ、塩川さんは『就職活動用企画書』のポイントを以下のようにまとめました。

 

「大切なのは『タイトル力』『構成力』『ネタ力』の3つ。言い換えれば、『まず流れをつかみ、できることを証明し、思い切りよく言い切る』です。これを実践すれば、きっと『ゲームプランナーに“なれる”』でしょう」(塩川)
26

講演はここで終了し、いよいよ次は演習です。

ですがその前に、塩川さんへの質問コーナーが設けられました。

ここで、いくつか質疑を紹介しましょう。

 

Q・『面白さ』というのは定義しにくく、文面化しにくいものだと思いますが、どのように捕らえていますか

「『面白さ』は、その人の信念だと思います。たとえ思い込みだとしても、自分が面白いと感じ、作りたいと心底思うことが、企画には大事だと思います」(塩川)

 

Q・ゲームの面白さを説明する際、気をつけるべきことはなんですか

「できるだけ短く、できるだけ簡単な言葉にすることを僕は意識しています。言葉は小学生でも分かるぐらいでなくてはいけないと思います。あと、もうひとつあるとすれば、読んだ人の心を動かそうと意識して書くようにすることですね」(塩川)

 

Q・『構成力』について、もう少し具体的に教えてください

「企画書全体の見やすさ、分かりやすさだけでなく、書かれている文章ひとつひとつも含まれます。単純に日本語が使えているか、読み手のことを意識し、考えた文章になっているかているか。そういった部分すべてが『構成力』だと思ってください」(塩川)

 

Q・『学生ならではの思い切りのいいもの』とは、具体的にどのようなものでしょうか

「学生だけの話ではないのですが、マーケティングから導き出したような、こぢんまりと成立したアイディアを出されると、見る側としては少し萎えてしまいます。もちろん最終的にはそういったことも考える必要はあるのですが、やはり見たいのは面白さに対する『信念』なんです。その信念が、思い切りのよさになるのではないでしょうか」(塩川)

 

■『就職活動用企画書』を作る

後半は応用編として、実際に就職活動用を意識した企画書を作る演習となりました。

30分で実際にパワーポイント形式で、数ページの企画書をチームごとに作り上げるというものです。

そこで掲げられた企画書の課題は…

32

なんと、またしても『マンモス』!

参加者はざわつきながらも、さっそく企画書作成に向けてチーム内の会議を始めます。

001
002

参加者は5人前後のチームに分けられ、計16のチームが作られました。

 

30分という短い時間だったこともあり、アイディアの練りが足りなかったり、うまく企画書に落とし込めなかったりと、皆さん悪戦苦闘されていた印象です。

 

それぞれの細かい紹介は割愛させていただきますが、塩川さんの総評では、

・『マンモスとなって街を破壊』といったものが多かった

・『なぜ題材がマンモスなのか?』への理由付けが薄いものが多かった

といった課題点が挙げられていました。

 

「もちろん時間の短さや、急造チームであることを考えれば、これは仕方のないことです。ですがこういった場合でも、先ほど挙げた3つの要素、『タイトル力』『構成力』『ネタ力』を意識すれば、よりいい企画書が作れるはずです。また、この3つはそのまま優先順位になります。まずはタイトルが重要! そういった意味で今回の演習では、少しタイトルがないがしろにされていた印象を受けました。極端な話、短い時間の場合はタイトルに全勢力を注いでもいいと思います」(塩川)

 

演習の最後に、塩川さんは講義のテーマと、就職活動用企画書に大切な3つの要素を改めて提示し、それにひとつ付け加えました。

34
「実は今日の講義の内容は就職活動だけでなく、実際の現場での企画提案にも使えることです。皆さんが晴れてゲームプランナーになった際は、ぜひもういちどこれらを思い出してください」(塩川)

以上の言葉で、講演は締めくくられました。

003

次回、「座・芸夢」「ゲームクリエイター秋のインターン」もエントリーを開始しています。皆さんのエントリーをお待ちしております。

 

【ゲームクリエイター 秋のインターン】

 ■プランナー志望

「おもしろい」を企画するインターン(11/19開催)

 ↓詳細はコチラ↓

 http://dena.my/2cxSJUr

 

 ■企画に興味のあるデザイナー志望

 デザイナーのための企画立案インターン(11/23開催)
  ↓詳細はコチラ↓

 http://dena.my/2cAtqiP

 

 ■デザイナー志望

 コンセプトアートをつくるインターン(12/17開催)

 ↓詳細はコチラ↓

 http://dena.my/2cqerxw

 

【座・芸夢forSTU

次回も学生の皆さまを対象にしたものとなります。

 ↓詳細はコチラ↓

 http://thegame4stu03.peatix.com

 

次回の座・芸夢もおたのしみに!