こんにちは、デザイン部の天野です!
blog_title_2

25日(土)に放送されたオリジナルアニメ「RS計画-Rebirth Storage」ご覧になりましたか?
現在、フジテレビオンデマンド(FOD)はじめ、20箇所の配信サービスで本編が配信されています。
当日観れなかった方も、「もう一回観たい!」方も、ぜひご視聴ください!


今回はサブキャラクターや各コスチュームができるまでのお話を、
キャラクターデザインを担当した政尾翼さんに伺ってきました。

放送前の特集記事はこちら
(作品概要がご覧いただけます)

icon政尾翼
1974年埼玉県生まれ。
コナミ株式会社(現・株式会社コナミデジタルエンタテインメント)、
株式会社スクウェア・エニックスを経てDeNA入社。

ファンタジーやミリタリー、SFなど多数のタイトルのアートに関わる。
アートディレクターとして世界観の構築、キャラクター以外にもガジェットやモンスターデザインもおこなっている。
『RS計画 -Rebirth Storage-』ではキャラクターデザインを担当。

代表作
・ANUBIS ZONE OF THE ENDERS
・タクティクスオウガ 運命の輪
・ファイナルファンタジーXIV
ほか多数。


画像クリックで拡大されます
c_00_0

■サブキャラクターができるまで■


■六車譲治
政尾:「凛にとっての憧れの先輩、ちょっと年上のお兄さんのイメージ」ということでした。

meka_c50

ーラフ設定の段階ではややイメージが違いますね。
政尾:初期の六車ですね。「髪の印象が凛と近い」ということで変更になりました。
後ろで縛るのは監督さんのリクエストでしたね。

muguruma0
●決定稿

pilot_suit2_0
●六車のパイロットスーツ配色案。彼のイメージカラーであるワインレッドを生かす配色案もあったようだ。


pilot_suit2_2
●決定稿




■志水佳織
政尾:ムードメーカー的なキャラクターですね。本編では頭のバッジが凝った描写になってます。

shimizu0
●決定稿。志水佳織のやや崩した着こなしは整備班全体のイメージにも反映されている。




■沢渡雄一郎
政尾:最初は頼りないただのおじさんというか(笑)掴みどころの無いひょうひょうとしたキャラクターとして描いていました。
その後、監督さんのリクエストで、シリアスなキャラクターに変わっていきましたね。

meka_c30_sawatari
●本編とは印象が違う沢渡の初期設定。意外性のあるキャラクターを狙っていたようだ。

sawatari0
●決定稿。緊張感のある顔立ちに。




■三島雪
ー最初は男性だったんですね。
政尾:そうですね。最初は一癖ある美形男性のイメージで。
そのあと「後半の展開でギャップを出したい」ということになり、アニメ的な記号の外見にしています。

meka_c30_mishima
●最初は男性だった、三島雪の初期設定。

mishima0
●決定稿。注釈には「おっとり巨乳・童顔」とある。
後半のギャップを生み出すために、いわゆるアニメ的なデザインでまとめられたキャラクター。


■各コスチュームができるまで■

政尾:各コスチュームは最初の叩き台のイメージから特に変更もなく、ほぼそのままですね。

ーディテールに三角モチーフが多用されているように見えます。
政尾:あ、そうなんですよ。デザインにわかりやすい記号、一貫性が欲しくて。そのあたりも最初に決めたところですね。
東機研のマークもそこから広げてもらいました。

ー整備服の防護マスクなど、細かく設定されていますね。
政尾:その世界でどう使われるのか、一応考えておく、ということですよね。そこから話が広がっていくこともありますし。

■東機研制服
uniform0

uniform1
●東機研制服決定稿。階級ごとに差異があるのがわかる。


■整備服
mechanic0
●整備服決定稿。シルエットはとび職の作業ズボンをモチーフにしている。


■東機研警備兵
meka_c60
●ラフ設定ではゴーグルとマスクで顔が覆われており、威圧感を強調する方向で進められていた。

guard0
●決定稿。細部の設定や重火器など、SFの要素が色濃いデザインとなっている。




■モブキャラクター

mob_chara0

mob_chara1
●政尾さんによるモブキャラクターたち。
制服組は整った着こなし、対する整備班はラフな身なりと、顔立ちも含めて差別化されている。



ー今回、キャラクターデザインとしての参加でしたが、振り返ってみて如何でしたか。
政尾:単純に楽しかったですね。僕自身ゲーム畑の人間なので、普段と違う環境で色々な方とやりとりをさせてもらって刺激的なお仕事でした。
タイミングとしては自分が参加した時点ですでに具体的に動いていた時期だったので、内容の根底にかかわるような提案ではなく、意図に沿ったものをなるたけアウトプットしようとしていましたね。
なので役割としては「期間内でどう着地させるか」というのが大きかったと思います。
企画意図や監督さんのやりたいことを踏まえつつ、自分が納得できるかたちで着地させるという。

ー職人的なスタンスなんですね。
政尾:もし企画の立ち上げから参加していたら、また違う、もっと踏み込んだアプローチだったかもしれないですね。
そこはほら、そもそも企画には色々な制約があって、その中で各々がどうつくるかということじゃないですか。今回はその中で「どう着地させるか」の優先順位が高かった、という話だったと思います。
あとはやっぱり『RS計画 -Rebirth Storage-』の成り立ち的にもそうあるべき、というのもあったんじゃないかな。そもそも「メカつく」という、一般公募で選ばれた企画ですし。

ー多数の中から支持された企画、ということですよね。
政尾:そうそう。なので支持された部分は汲むべきなんじゃないかと。
それは別に「自分のやりたいことを抑える」というのではなくてね。

ーそれでいうと「メカつく」のパイロットフィルムの存在は大きかったのでしょうか?
政尾:叩き台の頃はパイロットフィルムの雰囲気、みたいなものは意識しましたね。
ロールさん(原案担当)の企画書の印象とか。
ただそれもごく初期の頃だったんじゃないかな。そのあとは基本的に監督さんの意向に沿うようにしていたと思います。

「メカつく」での初期パイロットフィルム。厳選された5つの候補作の中から「RS計画」が選ばれた。

ー次回作があれば政尾さんの中でこうしたい、というのはあるのでしょうか?
政尾:まず最初に提示されるコンセプト次第ですが・・・そうですね、もっと色々なキャラクターを描きたいですね。
あとは「機巧の異質さ」というのは物語の中心になる要素だと思うので、キャラクター側でも補完していけたら、とか。
なんにせよまた声を掛けて頂ければ、ということではありますが・・・(笑)ビジュアル面でも世界観を膨らませていきたいですね。

ーありがとうございました!


『RS計画 -Rebirth Storage-』はマンガボックスで漫画も掲載されてます!
最大限に楽しんでいただくために、必ず1話から読んでください。


政尾さんへの以前のインタビューはこちらで読めます。
4f290cbe-s