こんにちは、デザイン部の天野です!
blog_title




今回インタビューするクリエイターはこの方です(๑˃̵ᴗ˂̵)

_VGR_背景画制作中

shimaさんです!


plo


ふと気になったのですが、クリエイターのみなさんは、
DeNAでどんな1日を過ごされているのでしょうか。
ゲームのキャラクターを描くクリエイターもいれば、
ゲーム背景や素材も描くクリエイターもいたり様々です。

どんな時間配分で、どんなお仕事をしているのか、
結構知らない方は多いのではないでしょうか(私も知りません!)

今までインタビューしていたクリエイターの方々にも聞いておけばよかった!
と、後悔していても仕方がないので、
今回インタビューさせていただく際にshimaさんに聞いてみました!


結論:難しい言葉が多くて把握しきれませんでした(すみません…)


「なんだそれ…」といった感じですね。私もそう思います。
そこでshimaさんのご協力の元(ありがとうございます!)タイムスケジュールを作ってみました!

□■DeNAデザイン部:shimaさんの1日■□


======================
10:00~ 出社&メールチェック

島崎さん1


======================
11:00~13:00 制作指示書制作(2時間)

外部パートナー様にアートアセットを発注するための制作指示書を作成します。

_VGR_外部パートナー様用制作指示書作成中


======================
13:00~14:00 ランチ

社内でお弁当を食べます(カフェもあります)

島崎さん2


======================
14:00~15:00 ミーティング(1時間)

_VGR_社内MTG中

天野(社内のあちこちに、大小のMTGブースがたくさんあります!)

======================
15:00~16:00 フィードバック(1時間)

外部パートナー様から届いたアートアセットへのフィードバックを行います。

_AOT_ゲーム素材_フィードバック中


======================
16:00~17:30 バナー制作(1時間30分)

ゲーム内バナーは基本的に外部パートナー様にお任せしますが、急ぎで必要な場合には自分で制作することもあります。

_AOT_バナーA_素材作成中
_AOT_バナーA_本作成中
_AOT_バナーB_作成中


======================
17:30~17:45 おやつ休憩

島崎さん3

======================
18:00~20:30 背景画制作(2時間30分)

ゲーム内で使用する背景画を制作しています。外部パートナー様に制作していただく場合もあれば、自分で制作する場合もあります。

_VGR_背景画制作中


======================
20:30 退社

島崎さん4



大体1時間から2時間刻みで次々いろんな仕事をされているんですね!
制作指示書も作成していますし、1日中絵を描いているわけではないんですね。
絵を描くにしても、背景だったりバナー作成であったり、切り替えが大変そう…!

shimaさんのタイムスケジュールはあくまで一部で、他のクリエイターの1日はまた少し違うのですが、そちらはまた別の機会にインタビューしてみたいと思います!


さて、今回もたくさんインタビューしてきましたよ!


Icon_me
shimaさんは2012年からデザイン部にいるんですよね?
デザイン部の中で長い間勤務しているので、かなり先輩ですね。


1_takao
そういう事になりますね(笑)




Icon_me
その間、ゲームには何タイトルくらい関わりましたか?
(関係ないけど二人してアイコン青いから今回のインタビューめっちゃ涼しそう)


1_takaoいくつくらいやってきたのかな…10タイトル以上はやっています。
一番初めは【夢幻戦紀ドラゴノア】の背景デザインを担当していました。
それから、【Blood Brothers】【ダンジョンポッパー】
【戦魂】もコンセプトアートで関わっていました。あと、町人の衣装デザインとか。




▼夢幻戦紀ドラゴノアより▼
_ドラゴノア_火山_2



▼ダンジョンポッパーより▼
_ダンジョンポッパー



▼戦魂_町人衣装▼
戦魂_町人衣装



Icon_me
「背景デザイン」のお仕事をメインに入社されたのでしょうか?
人物などは描かれないんですか?


1_takao元々、この会社に入る前はアニメ背景をちょっとやっていて、その後フリーのイラストレーターをやっていたんですよ。その時はカードイラストとか描いてたりして、背景も描くし、キャラも描いていました。
あ、藤山さんと同じゲームで(カードイラストを)描いていたこともあります。



Icon_me
えー?!スゴい!この業界広いようで狭いと聞きますが、こういうお話しを生で聞くと実感湧きますね!


1_takao
めっちゃくちゃ狭いですよ(笑)つながりもありますし!
最初に藤山さんのインタビューしていたと思うんですけど、そこでお話ししていたゲームの話がそれです!





▼藤山さんのインタビューより一部抜粋▼


38




Icon_me
これですね!!
この会社でお会いした時はビックリしたのではないですか??


1_takao
やっぱり驚きましたよ!
絵だけ見てて、会った事はなかったので…



Icon_me
ですよねぇ〜!
当時DeNAに入社した経緯を教えてください!



1_takaoフリーのイラストレーターをやっていて、「基本的に仕事がきて、それを淡々とこなす」感じで、そうしていくうちに「自分でもゲームを作ってみたい」という思いが出てきたんですよ。それで、DeNAに採用していただいて、入社したという感じですね。その時、海外向けにも力をいれていたので、世界中に出せるようなゲームを作ってみたいという野望がありました(笑)

Icon_me
いつ頃から、今のお仕事を志すようになったのでしょうか。
学生の頃から、絵の勉強などされていたんですか?


1_takao高校の頃にデッサン教室に通っていたんですけど、大学は普通大学に行きました。
その大学の時に、ゲームやアニメなどのファンアートを描いていたんですよ。
そのうち雑誌にいろいろ掲載してもらえるようになって…読者ページとかあるじゃないですか。コンテストとか。


Icon_me
ありますね!
今ではネットでもいろんなコンテストが山ほどありますが、雑誌の方もたくさんありますね。
私が毎月読んでいる、漫画の雑誌でもコンテストやっていますし


1_takao描いてるうちにまたそういうイラストを描くことが楽しくなって、そういうのを仕事にしたいと思うようになったんです。
それから専門学校に入って、アニメ・ゲーム制作と専門的な勉強をして、仕事になってきたって感じです。


Icon_me
なるほど〜!大学卒業から専門学校へ?



1_takao
そうです。
なので、みんなが就職活動をしている中、ひたすら絵の練習をしてました(笑)



Icon_me
DeNAに入社されてから、具体的にどんなお仕事をされていましたか?



1_takaoいろいろあったんですよ、背景デザインはもちろん、アートディレクションも!
さっきも「海外向けにも力を」とお話ししてましたけど、海外向けのゲームを作っている部署に異動して、そこで海外の制作会社やイラストレーターと一緒にやり取りするようになって、その頃から外部パートナーさんとやりとりするようになって、
フィードバック(※)とかコミュニケーションをするようになって…
それからチャレンジ的な感じで、ゲーム一本のアートディレクションをまかせていただきました。
時々背景の仕事もやってはいたんですけど、いろいろ兼任して今に至るという感じです。


※=外部パートナー様が制作した制作物に対するチェック&修正指示出し


Icon_me
今のお仕事の魅力的な点というのはどのへんでしょう?



1_takao外部発注関連では、外部パートナー様と一緒に、絵を0から作っていくというのがおもしろいです。その過程で、自分が意図していたものよりもクオリティの高いものを上げていただけるとすごく嬉しいです。そこに至るまでにこちらでもいろいろフィードバックをしたりコミュニケーションをしていくというのもやりがいがあってとても良いです。


1_takao自分で絵を描くことに関しても、今まで(フリーの時)は仕事を受けるだけで、こちらから発信したりとか何もできなかったんですけど、今の会社に入ってからは一番最初の仕様作りから関わることができて、「ここはこうしたほうが良いんじゃない?」とか、よりゲームを良くする為の方法も全部自分で考えて、それもちゃんと受け入れてもらえるので…。
だから、自分のアイデアを盛り込んでもらいながらゲームを作っていけることに、とてもやりがいを感んじています。


Icon_me
お仕事をする上で普段から心がけていることは何ですか?



1_takaoフリーランス時代も、今会社で仕事をしていても言えることなんですけど
「これだけ描けますよ」とか、「こんなことやっていますよ」と言うことは、常に自分から発信していこうと心がけています。
それから、これはもう普通のことですが、ユーザーの期待を上回る作品を制作する、ですね。



Icon_me
普段技術アップの為にしていることはありますか?



1_takaoまわりがプロフェッショナルな人たちばかりなので、常に何をやっているのか聞いたりはしています。
いろいろ教えてもらったりとか、あと出勤時間とか空いている時間で個人的に絵を描いていたりとか。



▼クリックで拡大!▼

original_1
_指でスケッチ_1
_指でスケッチ_3
_指でスケッチ_5
_指でスケッチ_8


Icon_me
しゅげー!
スマホのお絵描きアプリで書かれた作品もありますよね!
こんなにすごいのをサラサラ〜っと通勤時間に描けちゃうなんてすごすぎます!


1_takao
あと美術館に行って絵の研究したり。
技術共有会というのもいろいろ外でやっていたりするので、そこに参加したり。



Icon_me
はぇ〜〜〜………(尊敬)
休日にいろいろ見て回ったりしているんですか?



1_takao
休日もありますし、仕事終わりに行くこともあります。




Icon_me
勉強熱心…!



1_takao
会社の業務として行って、会社にレポートを提出するときもあります。



Icon_me
学生の頃を思い出します!
美術館行ってレポート提出!


1_takao
そういうの、よくやってましたね。
それと懇親会とかもあったりするので、そういう時にクリエイターやいろんな人と繋がりができます!



Icon_me
行動的ですね!
自分から発信していくみたいな。


1_takao
フリーの時に、いろいろ発信していくっていうのが重要だったので、そういうスタンスは今も変わらずですね。




Icon_me
休日は何をして過ごしていますか?



1_takao
映画見ます!




Icon_me
これまでインタビューしてきたクリエイターも結構映画好きな人が多いです(笑)



1_takao
映画って結構、絵の勉強になるんですよ!




Icon_me
(映画観にいこ…)
どんな映画観ますか?


1_takao
SF!スターウォーズ大好きなんで!SF関係も観るしファンタジーも観るし。




Icon_me
最近観た映画は?



1_takaoスターウォーズです(即答)
3回観に行きました!あと「オデッセイ」も。火星の表現をうまく映像で表現していました。メイキングも観ているんですけど、ほんっっっっと良くできてるなぁって思いました。あと「オール・ユー・ニード・イズ・キル 」も好きで、原作者が日本人のSF映画です!


Icon_me
おもしろそー!気になったので今度みてみます!



1_takaoぜひ!スターウォーズの話でいうと、以前、映像制作業界で結構有名な方と知り合いになり、その方が【夢幻戦紀ドラゴノア】のCM担当してましたって言うんですよ!
僕が初めて関わったプロジェクトなので話が合って、いろいろ教えてもらったり!
その方とのつながりから、スターウォーズの制作に関わった方のセミナーとかにも行って、実際に名刺交換をさせていただき、お話もさせてもらったこともあります(笑)


Icon_me
すっごーい!!やっぱり世間は狭い…そしてそういうご縁で繋がっていくのって素敵ですね!


1_takao
本当に憧れだった人が、この業界入ったらすぐ隣にいる…って考えたら本当にすごいことですよね!好きなゲームに携わったという人に裏話とか制作秘話的な話が聞けるのも楽しいですし。





Icon_me
さて、shimaさんがDeNAに入社して、 良いと思ったところは何でしょうか?



1_takao言いたいことが言える、ということですね。
デザイナーって、結構自分の世界に留まることがあるんですけど、どんどん発信していかないとうまく自分の世界が伝わらないなぁと思っていて、
この会社でもそういうコミュニケーションっていうのがものすごく大事な文化の一つになっているので、自分の言いたいことはどんどん発信していくようにしているし、その発信したこともちゃんと素直に受け止めてもらえるので。


Icon_me
今後このDeNAでどうなっていきたいですか?目標とか…



1_takao
世界一のゲームを作りたい!
過去携わってヒットしたゲームもありますが、それにも負けないゲームを作りたいです。そこにメインアーティストとして携わってみたい、と思っています。


Icon_me
過去の自分を越える!ですね。
shimaさんがメインアーティストとして携わっていくゲーム、楽しみにしています!
この先クリエイターとして、どんな方とお仕事をしていきたいですか?


1_takao
お互い競い合いつつ、スキルを高めあえる人、ですね。




Icon_me
最後に同じ業界を目指している方に、何かメッセージをお願いします!



1_takao臆せずにコミュニケーションをとっていくこと、ですね。
スキルはやっていけば身につきます。それを自分から発信していくというのは、どうしてもクリエイターにとって苦手な部分ですが、積極的に発信していくことで自分の絵もいろんな人に伝えられることができるし、自分が活躍していく場もどんどん広がっていくので。自分から発信していくってことが一番大事なことかもしれないです。




shimaさん、貴重なお話をありがとうございました!


それでは、また次回の記事でお会いしましょう!