こんにちは、デザイン部の天野です!
_blog_title


【REFLECTION-クリエイターの休日-】展に出展されていた作品メイキング、
第6回目はacoさんの作品をご紹介致します!



▼クリックで大きな画像が見れます
05



月夜に奏でる春と秋「春」月夜に奏でる春と秋「春」


月夜に奏でる春と秋「秋」月夜に奏でる春と秋「秋」


桜と紅葉に囲まれ、鳥居や五重塔がうっすらとみえる和の雰囲気と
楽器やマイクを手にするロックな女の子、ギャップがあってカッコイイです!

今回は、全体が完成するまでのメイキングと、完成後の動画をご紹介したいと思います!

ひとりめ完成までのメイキングはこちらでご覧いただけます。
クリエイター達のプライベートな展示会!【REFLECTION-クリエイターの休日-】告知第二弾!



■作品の工程1■

01
1

ひとりめ同様、ふたりめもざっくりラフを描きます。






■作品の工程2■

02
1
イラレを使います。パスで線を整えながらザクザク描いていきます。
ラフでは鯉のタトゥーを入れる予定でしたが、ゼブラやロック な要素と合わないのでなしにしました。
ひとりめとのカラーバランス見て調整しつつ、ふたりめ完成。






■作品の工程3■

03
1
背景を描いていきます。大まかなイメージを作成。





■作品の工程4■

51

04
1
そのまま描き進めます。イラレでの作業終了。
この段階で動的な演出をつけるための背景やモチーフのデータの書き出しをしました。





■完成■

05
1フォトショで最終調整して完成。2枚ひと繋ぎの絵です。

こちらにご来場者の方のカラダと声に反応して
桜の花びらと紅葉が舞う演出が入ります。

演出のプログラミングを担当いただいたのは、のぶりん(高橋伸弥さん)です。


SEASONS TO PLAY ON A MOONLITE NIGHT



当日の展示会の様子をご覧いただくことができます!
※facebookにログインしていただく必要があります。

=================

【高橋伸弥さんよりコメントいただきました!】

近年現実空間にインターネットやデジタルの表現を再現することをテーマに作品制作を行っているので、今回グラフィックとデジタルのコラボレーションができるとお声掛けいただき、参加させていただきました。

もっとも、今回は演出としての表現を模索することにしておりました。
出来上がったのはプロジェクション技術を用いて、ご来場いただいたの動きや声・音に反応する絵画という演出でした。

初期はacoさんが描かれた作品を主体と考え、すぐそこに季節の息吹が感じられるような空気を産み出すことを目指し、写真の一部だけが動くシネマグラフを再現することを目指しました。
まず桜の花や紅葉の謙虚で単純なアニメーションを作成しました。しかし、そこから徐々にインタラクションも加えていこうとアイデアが膨らみ、イラストの登場人物も生き生きとした動きが感じられる構図であったので、もっと生きた演出に変更することとしました。
桜の花や紅葉のアニメーションをコンサートライブの照明やスポットライトのような大きな動きに変更し、動体検知とマイク入力のプログラムを openFrameworks で加えて、よりご来場いただく方にダイナミックな反応を楽しんでいただくプランにシフトしていきました。

ご来場いただいたお子さんや原宿の観光をされていた外国人の方が、反応を確かめるように長い時間作品をご覧いただき様々なご感想を賜ることができました。
動画制作・作曲も楽しかったです。また各方面からお声掛けいただきますと幸いです。


【展示会の感想!!】

1はじめてのイラストレーション x インスタレーションに挑戦できたのが一番の収穫です。ご来場者の皆さまには、静止画にはない動的な楽しみをご体験いただけたと思います。演出担当を快諾してくれたのぶりんに感謝です。また、このような機会を与えていただきありがとうございました!ほかのクリエイターの皆さんの個性溢れる作品にもたくさんの刺激をいただきました。

=================

acoさん、高橋さん、ありがとうございました!
Illustratorを使用した作品のメイキングは初ですね!

観ている人の声と体に反応して舞う、桜と紅葉の演出も珍しく、
来場していただいた方の視線をとても集めていたのを覚えています!

過去のインタビューでもacoさんの作品をご覧いただくことができますので、
興味のある方はぜひご覧ください!


▼クリックでacoさんのインタビュー記事に移動します
blog_title


それではまた次回のブログで♪
チンアナゴ


▼前回までのメイキングはこちらからご覧いただけます
_過去ログ1
_過去ログ2
_過去ログ3
_過去ログ4
_過去ログ5