こんにちは、デザイン部の天野です!
_blog_title


今回は【REFLECTION-クリエイターの休日-】展に出展されていたYamatoさんの
作品メイキングをご紹介致します!

前回までのメイキングはこちらからご覧いただけます。
見てない回があったらぜひ見てくださいね!
私は絵を描くときに、めっちゃ勉強になりました!(活かせているとは言ってない)


_過去ログ1

_過去ログ2

_過去ログ3


『○×』Yamatoさん

kansei_01


kansei_02


ここまで紹介してきたメイキングは、全てデジタルによる作品のメイキングですが、
Yamatoさんの作品は油絵です!
普段のお仕事ではデジタル絵を描かれていますが、
今回の展示会は「クリエイター達のプライベートな展示会」がコンセプトなので、
こういう機会でないと見られない貴重な一枚ですね!

一回だけインタビューさせていただいた時に
デジタル絵と油絵の作品を両方見せていただいた事があるのですが、
「今回はどんな事を考えながら筆を動かして、こういう作品に仕上がったのか」
お話を聞かせていただきながら、その工程を見られるとの事で非常に楽しみです!



_Yamato_01

1
もう覚えていませんが、この時点では完成したイメージとは違ったものを描こうとしていました。




■作品の工程1■
▼クリックで拡大▼
Yamato_02

1
人の頭が描いてあります。でも筆が乗らなかったので再度考え直し。




■作品の工程2■
▼クリックで拡大▼
Yamato_001

1
ふと思って今まで描いたものを塗りつぶしました。




■作品の工程3■
▼クリックで拡大▼
___Yamato_002

1
嫌いな数字とマルバツマークを描き足しました。
大きい数字には◯、小さい数字には☓をつけて
評価の数とかその他煩わしいものを表現しています。



■作品の工程4■
▼クリックで拡大▼
Yamato_004

1
その煩わしいものをまた塗りつぶします。




■作品の工程5■

_kansei_02

1
それが乾いたら上から一部を削って、
今までの過程が色の層として見えるようにしています。





■完成■
▼クリックで拡大▼

kansei_01


=================

【作品について】


作品に限らず、あらゆる物事には必ず「過程」があります。
しかしいつも見られているのは過程ではなく、出来上がった状態の「結果」だけであり
それに勝手に第三者が数字を付け、「良い」か「悪い」か
または「正しい」か「間違い」かに分別する。まるでゴミの選別ですね。
表面だけが見えてしまうのは仕方がない事でもありますが、
様々な物事は「過程」があって初めて「結果」が存在するという事を分かって頂ければ幸いです。


【展示会の感想!!】

1今回の展示会では抽象油彩という事もあり周りの作品から浮いてしまったのですが
新しい展示の形を見ることが出来て大変面白かったです。
今度はデジタルとかで参加したいな…。


=================


絵に限らず、仕事やスポーツや音楽など、
第三者が受ける情報というのはほとんどが「結果」ですね。
Yamatoさんも仰っているように、表面だけがみえてしまうのは仕方がない事ですし、
ただ「過程があっての結果」という点にも目を向けてもらえると、
結果の送り手は嬉しいものですよね。

Yamatoさん、ありがとうございました!

Yamatoさんへのインタビューの模様、
そして他の作品はこちらからご覧いただけます!



チンアナゴ




それではまた次回のブログで♪