こんにちは、デザイン部の天野です!
4f290cbe-s


いっけなーい師走師走

私、デザイン部の天野

ただでさえ前回のインタビューブログから1ヶ月経っているっていうのに、
師走でいま気持ちがすっごく焦っているの!

さらにもうすぐドキドキなクリスマスがくるからもう大変!

みんなはクリスマス何して過ごす

次回「クリスマスはおしごとだ」お楽しみに


元ネタは「いっけなーい!遅刻遅刻」で検索すると出てきます。
少し前に流行ったものがアレンジされ、またSNSで見かけるようになったので
私も一つやってみました。

普段メールでもラインでも絵文字を使わない人がやると
「ここはこの絵文字であってる??」と使いどころに不安が湧いてきますよね。

季節ネタのクリスマスの絵文字とか、
「ここで使わなきゃいつ使うんだ」って思います

ではでは今回もインタビューブログやっちゃいますよ〜!
今回インタビューに応じていただいたクリエイターはこの方ですどーぞ!


_DSC_0042

政尾 翼 さんです!


plo

政尾 翼 さんの作品

政尾さん
「以前デザフェスで描いた絵です。
客層的に女性が多いので「女性に向けた絵」をコンセプトに描いています。
色味はある写真家さんの影響で彩度クッキリな感じに。
このあたりの色味は印刷には綺麗に出ないんですが、そこはあまり神経質にならないようにしています。
会場では売り子もやっていて、直にお客さんと話せるのは楽しかったですね。」

masao_B_光沢

イラスト0
イラスト2


Icon_me
今日はよろしくお願いします!
政尾さんが絵を描き始めたのはいつ頃からですか?




icon
子供の頃からです。




Icon_me
どんな絵を描いていたんですか?




icon
子供の頃は普通の子供と一緒で、
その時流行ったものを描いてましたね。
小学校低学年の時期は多分、ドラえもんとかじゃなかったかなあ。



Icon_me
では子供の頃まわりにいた子たちもお絵描き好きな子が多かったですか?




icon
そうですね、子供の頃は大体みんなお絵描きしてましたし、
僕もその流れで描いていたなぁって思います。



Icon_me
子供ってお絵描き好きですよね!
学生時代に、コンテストとか、そういう場所に作品を出展したことってありますか?




icon
小学校くらいは、そういうコンテストで何度か賞をもらった事があります。




Icon_me
その頃からずっと絵を描き続けていたんですか?




icon
そうですね。優先順位的に一番ではないけれど、常になんかしらは描いてました。




Icon_me
部活とかでも絵を描いてたり?




icon
サッカーとか野球とか・・・。普通のスポーツをやってましたね。




Icon_me
部活は運動系だったんですね〜!
絵を仕事にしたいと思い始めたのはいつくらいの頃でしたか?




icon
ちゃんと意識したのはゲーム業界に入ったころかなあ。




Icon_me
ゲーム業界に入ってから、という事は、それまでは別のお仕事を考えられていたり?




icon
その頃は漠然としていましたね。
そもそも絵描きで食べていけるなんて思って無いし、美大目指すほどのスキルも無かったですし。
まあでもサラリーマン目指すなら・・・会社に所属するならデザイナーなのかなあと。
進路を決める時期なんて高校のころですから、社会のこともよくわからないし、消去法ですよね。
腹をくくって「絵でがんばろう」と思ったのは、もっとあと、ゲーム業界に入ってからですね




Icon_me
大学や専門では業界向けの学科に通われていたんですか?




icon
デザイン系の学校に通っていました。
もちろん授業でも描いてましたけど「絵でがんばろう」というのは当時の自分には無かったですね。



Icon_me
デザインというのもいろいろありますけど、どんなお仕事をされていたんですか?




icon
世代的にはプレステ1のころですね、ドット絵を打ったり、メニュー周りのUIデザインをしていました。



Icon_me
ゲームの全体的なデザインを担当されていたと言う事ですね。




icon
そんな大したことはしてないですよ。入ったばかりの下っ端でしたから(笑)
絵の仕事を始めたきっかけは業界に入って5、6年経ったころかな。
当時、他の会社に行くことを考えていて、その前に上司に「なんでもいいから絵の仕事をやりたい」と作品と一緒に頼んでみたんです。
駄目ならそれはそれで踏ん切りもつくし。
それで運よくやらせてもらったのがきっかけですね。



Icon_me
デザイナー時代に初めて受けた仕事というのは覚えていますか?




icon
プレステ1のギャルゲーでドット絵アニメを作りました。
ネコがくるっと丸まって、ボンっ!と消えるアニメだったかな・・・。いやあ懐かしいですね(笑)




Icon_me
どのゲームかはわからないんですけど、想像すると可愛いですね!
絵を描くことを仕事にして良かったと思ったことはなんですか?




icon
ビジュアルのコアな部分を作るので、良くも悪くも責任があり、やりがいもあるところです。




Icon_me
今まで絵を描いてきていちばん思い出深かったお仕事は?




icon
どの仕事もみんな思い出深いですよ!(笑)
まあ、印象的というと初めて描いた仕事かな、今見るとアラだらけで辛いですが(笑)
そのときの現場は放任的で、なにをするにも自分で動かないといけない状況でした。常に手探りの連続でしたね。
当時はとにかく無我夢中だったなあ。仕事の流れもわからない、右も左もわからない、クライアントの発注に対してどう対応するかもわからない。
それらを毎回学んでいくことで、少しずつ自分なりのやり方を覚えていったのかなと思ってます。



Icon_me
以前お休みの日に油絵を描かれると聞いていたんですけど、
そのきっかけとは何ですか?




icon
時期としてはメインで2タイトルくらいやったときかな。
「今のまま十年やっていけるのか」と思ったのがきっかけですね。



Icon_me
スキルアップというか、地盤をしっかりさせる為に描き始めたということでしょうか?




iconそうですね、もともと美大で基礎を学んでいたわけではないので、一回絵についてちゃんと学びたい、と思いました。
あとは・・・「腹をくくる」の一環でもあるのかなあ、
「自分にここまで投資したんだからがんばろう」という(笑)



Icon_me
なるほど(笑)
週末は油絵を描く以外どう過ごされていますか?





icon
休んだり遊びにいったり・・・プライベートでは絵を描いてないですね。
油絵も絵画教室で描いてるだけですし。





政尾さん
「キャンバスは部屋の隅に重ねてます。かさばるので古いものは塗りつぶしてるんですが、
キャンバスの収納は悩みの種ですね。」

▼一体何点あるのかな?ものすごい作品数。
_キャンバス


政尾さん
「こちらは趣味で描いた油絵ですね。時間でいうとトータル4~10時間くらい。凝った描き方はせず、なるたけシンプルな描き方にしています。」


油彩1
油彩0
油彩2
油彩3


Icon_me
DeNAに入社して、なにか新しい発見とかありましたか?




icon
とにかく若い人が多い!元気な感じで、新鮮だなあと。




Icon_me
仕事中の作業環境についてお伺いしたいのですが、普段使用しているツールはなんですか?




icon
Photoshopです。




Icon_me
何を描くのが得意ですか?




icon
得意かはわからないですが、売れセンじゃないモチーフを描くのは好きですね。おっさんとか。まあ描いても需要が無いですけどね(笑)
あと筋肉フェチなので身体を描くのはわりと好きです。



Icon_me
では、筋肉を描く時のこだわりとか、気をつけている点とかもあるのでしょうか。




iconしゅっとした人ならスラリとした筋肉、だらしない人なら締りの無い筋肉と、
体も込みでキャラクターを表現できるのは楽しいですね。
特に体の描き方は絵描きさんによって違いがありますから、筋肉のどこを省略してどこを強調するか、「他はあっさり描くのに、ここはこんなに描き込むのか」とかあったりして面白いです(笑)




Icon_me
絵師さんならではの視点ですね〜。





▼ブログの為に描き下ろしていただいたイラスト。
おっさん+花の組み合わせで心がほっこり。
おっさん0



Icon_me
絵を描いていて人生最大の転機って何でしたか?




icon人生最大は大げさですが、絵描きに転向した最初のタイトルは自分にとって転機でしたね。実績の無い男にゲームの大きい部分を任せてくれたわけですから。
当時は「やらせて欲しい」と言ったけどいくらなんでも順序があるだろう、と思ってましたね(笑)
実際、しんどいとこも多い現場でしたが(笑)そこはほんと感謝してます。



Icon_me
今後DeNAでどうなっていきたいですか?




icon
もう自分もいい年なので(笑)いままでの経験や知識を共有できたらなあと。
逆に自分に無いものはどんどん吸収していきたいですし。




Icon_me
一緒に成長していきたい!そう言う感じでしょうか。




icon
・・・まあ年齢的に伸びしろはもうあまりないのかなーとも思いますけどね(笑)
「それでもまだちょびっとはあるかな。あるに違いない!」と信じて成長していきたいなと。




Icon_me
最後に同じ業界を目指している人にメッセージをお願い致します。




icon趣味から仕事の絵に移るときって、超える壁が何個かあると思うんですよ。
趣味では自分の得意なもの・好きなのものでOKでも、仕事だと苦手なモチーフも描かなければいけない。「俺ってうまい。何でも描ける」って思ってたのが、そのとき自分の限界を知ってへこんだりとかね。

あとはゲームの場合、最初に出るビジュアルが重要だったりするので、インパクトを狙ったためにユーザーさんから叩かれたりすることもあります。



Icon_me
うーん、かといって叩かれない・保守的なものが良いわけではないですし。




iconそうそう。結局、絵の評価って「個人の好み」が大きいですから。叩かれるのを恐れちゃ駄目なんですよね。良いものにするために攻める気持ちは必要かと。
だからそういう前に出ることのしんどさ、というのは常にあるものだと思ったほうがいいかもしれないですね。
それは別に大変だからやめましょう、ってわけじゃなくて、やりたいという気持ちのまま悶々としてるくらいなら、まずやってみればいいんじゃないかと思うんですよ。
もちろん任されたらベストな結果を出すため、無我夢中でやらないといけないですし。
それで終わった後に「やっぱり自分にはしんどいな」「向いてないな」と思ったら、そこでまた考えればいいんじゃないかと。
多分、最初の一歩を踏み出せるかどうかだと思うんですよね。なのでそこは恐れず踏み出して行きましょうと。
あとは自分の視点を、5年10年と長いスパンで考えるのも大事だと思います。
お互い頑張っていきましょう!



チンアナゴ


政尾さん、いろいろなお話をたくさん聞かせていただきありがとうございました!

それでは、また次回のブログでお会いしましょう〜!