こんにちは、デザイン部の天野です!早いもので、もう6月ですね!
4f290cbe-s

タイトルでも発表しておりますが、今回はイラストメイキングを動画でお送りしちゃいます!

メイキング&インタビューにご協力くださったのはこの方です!

02<br>

竜と鱗が大好物の【藤山さん】です!


20140317

少し前はフリーランスでゲーム系イラストレーターとして活躍されていた藤山さんですが、「大好物!」とのお言葉の通り、とても迫力のある竜を描かれます!

「藤山さんのアート制作現場を、ブログ読者の皆様にも動画でご覧いただきたいのですが〜!」と恐れ多くもお願いしてみたところ、快くOKしてくださいました!
メイキングと言えば、先日の佐藤 由利香さんのブログでは人物のデジタル絵のメイキングをアップしました。
今回は藤山さんによる、竜のアナログ絵のメイキングです!
彩色され徐々に完成していく様子は、みていてとってもドキドキしました!

藤山さんのアートメイキング





ラフから下書きへ
アートブログ用色鉛筆画_下書き途中
アートブログ用色鉛筆画_下書き)

こちらが完成した作品です
イラストタイトル

藤山さんのプロィールと作品

plo

▼デジタルもアナログも描かれています。
26468243_big_p1

デジタル画

ブログ用素材
鉛筆画
img104

絵のことなど、色々インタビューしてきました!


1
藤山さん!動画にご協力いただきましてありがとうございました!
作品が出来上がっていく過程に感動です。
画材は何を使用されていたのでしょうか?


1
使用した画材は油性色鉛筆、カッター。
制作時間(ラフ、線画、 彩色)は全部まとめて多分24時間くらいです。



▼色鉛筆が綺麗に並んでいるご自宅の作業机▼
5

1
丸1日ですね・・・!
「特にここがこだわりポイント!!」なところはどこでしょうか!



1
青いラインと黒・茶のギャップ・コントラストが出るように頑張りました。デジタルもアナログもハイコン好きなので…!仕上げにカッターナイフでハイライトを削って白さを出しています。


1
はぇ〜〜〜〜(ため息)
そういえば、動画の13:30の部分で、塗った部分をカッターで削られてましたよね。ああいう技法があるなんて初めて知りました!プロの技ですね!!



1
そしてなんといっても、ヨダレです(笑
口を開けたクリーチャーを描くときは毎回必ずヨダレを描きます。
必須萌えポイントです(笑


1
ひぇ〜〜〜〜?!
(萌えポイントなんですか?!どうなんですか全国のクリーチャー描きさん!)




▼今回使用していただいた紙は下の「ボタニカルBBケント」
 紙によって描き味が違うのもアナログならではで面白いですね!
20131003


Icon_me
藤山さんは、5月1日に入社されたんですよね。
DeNAに入社される前はどんな活動をされていたんですか?



1
3年半ほど、フリーのイラストレーターで活動していました。




Icon_me
アナログ絵かデジタル絵で、名義が違うんですよね。
描くならどちらがお好きですか?



1
分けてるには分けてるんですけど、名義上なので結局は同じです(笑)
そして、描くなら断然アナログ派です!!描きやすいですし馴染みがありますので。



Icon_me
そうなんですか!
いろいろな画材がありますけど、藤山さんが製作に使用している画材はなんですか?



1
油性色鉛筆オンリーです!
中学と高校は油絵も描いていたんですけど。色鉛筆が自分に一番合っていました。
こちらが作品です。


製作過程2
RIMG0023


Icon_me
すっごく綺麗ですね!
中学生の頃は油絵を描かれていたんですね!そちらも少し気になります!



1
はい、なんでも描かせてくれる学校でした!
七宝焼きとか、窯で焼くのありますよね?地域ぐるみでそういう教室などやっていたので、教育文化に力を入れていたみたいですね。銅版画とかも授業で作ったりしました。



Icon_me
学校でいろいろな事を学べるのってとっても楽しそうで良いですね!
絵自体はいつごろから描かれはじめたんですか?



1
幼稚園くらいの頃からずっと恐竜を描いてました。




Icon_me
どういったきっかけで描きはじめたのでしょうか?




1家にあった『21世紀こども百科』の恐竜のページを見たら、ティラノサウルスのイラストが載っていて、ガーッと走っているポーズをみて一目惚れしてしまったんですよ!そのイラストを誰が描いていたのかちょっと忘れてしまったんですけど、リアルなイラストで、よくトレーシングペーパーに写し描いてました。


Icon_me
幼稚園の頃に、女の子が恐竜に憧れるって意外性がありますね。




1
その百科事典はとても分厚くていろいろなものが載っていたんですけど、その中で恐竜のページが一番魅力的だったんですよね〜。



Icon_me
その頃から恐竜に魅了されて、現在こういったドラゴンなどを描かれるようになったんですね?




1
はい、はじめは恐竜で、当時セーラームーンも好きだったので女の子友達と一緒のときはそっちを描いてました(笑)
でも一人のとき、気がつくと恐竜を描いてました。




▼竜以外にもくらげもお好きらしいです!会社のPCのデスクトップがくらげでした!
201307131


Icon_me
恐竜から、ドラゴンを描くようになったきっかけってなんですか?




1中学2年くらいの時に、今はもう無いんですけど「Dragon Convention」というドラゴンのサイトを見ていました。その中で、イラストレーターの緑川美帆さんと言う方が描かれているイラストにビビッときて、「これは・・・ヤバい!すごい!」と、何か目覚めてしまいまして(笑)そこからドラゴンを描くようになりました。


Icon_me
その頃から、将来絵を描くことをお仕事にしたいな、と思い始めたのですか?




1その頃は「可能性のひとつ」としてだけ、考えていました。
インターネットが普及しはじめた頃で、現実的には就職して、事務とか、まわりに現実的な人が多かったのもそうなんですけど。まだ仕事にするかどうかは考えてなかったです。なれたらいいな、くらい。


Icon_me
具体的にお仕事にしようと、決意が固まったきっかけなどはいつ頃でしょうか?




1実は、フリーランスをやる前は映像製作会社に勤めていてスロットの液晶アニメを作る仕事をしていました。その会社を退社した後に絵に近い映像製作の仕事に勤められたらいいなぁと思っていたんですけど、その時たまたまフリーランスでクリーチャー系のイラストを描かれているクリエイターさんに、声をかけていただいて。


Icon_me
おぉ〜!




1「フリーランスでソーシャルゲームのイラストの仕事あるんだけどやってみない?」と。その時ドラゴンを描いたことがきっかけで同じ会社さんからお仕事をいただけるようになって、それをHPにアップしたところ、他の会社さんからもお声がかかるようになって、それで仕事にしていこうと決意しました。

Icon_me
最初から描かれていたというわけではなくて、そういう縁があって描かれるようになったんですね!藤山さんの絵、とても素敵なので最初からお仕事で描かれていたのかなって思っていました。



1最初は絵に自信がなかったので・・・「自分の絵で本当に仕事になるのかな?」という不安がまずあったんですよね・・。こういう(ドラゴン)絵を描かれている方、すごく上手いじゃないですか。そういう人たちに比べたらもう全然・・・と思っていたんですけど、思い切ってよかったって思います。


Icon_me
DeNAに入社して、発見したことって何かありますか?




1
世界は広くて狭いんだなぁって思いました。
インターネットやゲームでしか見たことのない絵を描いている人が目の前にいるという事ですね・・・。



Icon_me
私もDeNAに入社して、過去に遊んだことのあるゲームに「携わったことがありますよー」と仰るクリエイターさんにちょくちょくお会いするので、わかります!世間狭すぎ!(笑)



1ね!先日ランチでご一緒したデザイン部の方が、フリーランス時代に同じ案件で絵を描いていた方で、「このゲームで絵を描いていました」と言ったら「知ってます!見たことあります!というか自分も描いてました!(笑)」って話が弾みました。本当に、世界は狭いなって。

Icon_me
いろんな絵を描かれる方がいて、いろんなものを極めている方がいて、そういった人たちが同じフロアにいるって考えるとすごいですよねー!
では、藤山さんは今後DeNAでどうなっていきたいですか?




1今のところ、好きなジャンル・描きやすいジャンルというのがドラゴン系なので、指示されたこと、案件に沿ったもの、幅の広いジャンルで、モノを書けるようになりたいです。
結構、デッサンとかダメ出しされるので。修行ですね!



Icon_me
同じ業界を目指している方に、何かメッセージをお願いします!




1好きなことを続けていたら、いつか必ず仕事にできます。
ピンポイントで、何か得意なことああれば、それを絶対捨てずに磨いていれば大チャンスは巡ってきます。
一緒に「敵モンスターのデザインがカッコイイ」タイトルを作りましょう!!(笑


04


藤山さん、ありがとうございましたー!
藤山さんのホームページはこちらから見にいけます!
ホームページのデザインも全て藤山さんが手がけられたそうです。
とっても可愛いので、ぜひ遊びに行ってみてくださいっ。

さてさて6月になると、気持ちがなんとなーく焦ってしまいます。皆さんはいかがですか?
多分「6月が終わったら下半期の始まりだから」だと思うんですけれど。

一年の折り返し地点って考えたらあと半年で一年が終わっちゃう!!って気持ちにもなりますよね?

え、ならないですか?うーん。

私自身はきっとこんな感じで1年が終わると思いますチンアナゴ


朝起きて、出勤してから家に帰るまでは「帰ったら絶対コレやる!アレやる!」って思いますよね。
私はいざ家に帰ったら「明日の自分に託した!!!」で即寝オチするタイプです。

皆さんはいかがでしょうか?