お疲れさまです!15卒でUIデザイナーとして入社した寿福です。

いきなりですが、ランチの幸福度に午後の生産性は
少なからず左右されてると思いませんか?
私は思います。

というわけで、今後渋谷近辺のランチ情報を
随時紹介させて頂こうと思っています。
よろしくです!

かつお

さて、記念すべき一軒目はDeNA社員御用達の
「祢保希(ねぼけ)」です!
http://tabelog.com/tokyo/A1303/A130301/13001323/
ヒカリエから徒歩30秒くらいの最強の立地でちょっぴりリッチで
味も美味しくてとにかく人気です。ちぇけら!

map

Google mapで見る

入り口はこのような感じ。

渋谷のランチなら祢保希(ねぼけ)
FullSizeRender

店内に入ると、外国人観光客がいかにも喜びそうな内装が広がっています。
照明も落ち着いていて、客層も割と年齢層が高めなので
接待や気になるあの子をつれていく場所としては最適かと。

メニューはこのような感じです。

メニュー

よさこいしたい心を押さえつつ今回は週替り定食を注文しました。
お刺身は基本カツオがこのお店の推しメンなのですが
今日はタイへの変更も可能とのことでした。(このまえはヒラメもいたよ)

そしてお待ちかねの定食登場です!

かつお

繁盛しているにも関わらず5~8分程度で運ばれてきました。
呼んだらすぐ来る定食カテゴリに分類できますね。

なんといってもこの品数。
栄養偏りがちな独身男性にはもってこいですね!
結婚をあせる必要なんてまったくありません。

S君

同期入社なのに28歳の寄り道系ゆるふわ男子のS君も
ご機嫌な様子。
ちなみに彼も独身です。

そして、ここで悲報です。。
あまりの興奮にメインのカツオをかじってから写真を撮ってないことに気づきました。
しかし、これでも十分おいしさは伝えられると思います。

<ここから評論>
(にんにくのスライスが添えられている...これは午後のミーティングに支障をきたすのではないか。)
と表情を曇らせた午後12時。
目の前の男は喃喃とタイの刺身を食べていた。

「いいわよね、男って。色々気にしなくても生きてけるもん。」
「急にどうしたの。」
「なんでもない。」

そして恐る恐る肉厚でキラキラとポン酢を反射させる赤い物体を箸で持ち上げ、口に運んだ。
すると爽やかでどこか懐かしい味が口の中に一瞬で広がった。
ああ...そういえば最近鹿児島のおばあちゃんに会ってないなあ。

次に、カツオの後味とおばあちゃんとの思い出に浸りながらみそ汁を啜る。
具はわかめとなめことくるくると渦巻いた麩だった。
外さない組み合わせである。

真ん中にある赤い器はなんだろう?
蓋を開けると、ぷるんと波打つ茶碗蒸しではないか。
実に繊細で出汁の効いた茶碗蒸しに幾分気持ちが安らいだ。

「この温玉、今はやりの冷凍卵を使ってるのかしら?」

箸にねっとり絡み付く温玉の乗った牛時雨は
濃すぎず、薄すぎず、絶妙な甘い汁のなかに沈んでいる。

自分もその汁に沈みたいと言わんばかりのポテトサラダは
箸休めには贅沢すぎるほどほくほくしていた。

「これだと食後のコーヒーいらないね。」

全ての器を空にした後、私たちは継ぎ足された暖かいお茶と共に
ほろ苦いコーヒーゼリーを口に運んだ。

かつおアップ

そんなこんなで大変おいしく頂きました。
ごはんのおかわり自由なのも心強いですね。

湯のみ

湯のみの柄かわいい。


よし、仕事戻ります。
ではでは!