はじめまして。内定者インターンでデザイナーとして働いている寿福です。
今回クリエイターブログのリニューアルに伴いデザインを担当しましたので、その制作過程と学びについてお話しさせて頂きます。


001

あれ?なんだか今日髪切りたいかも。モテたいし。

実はブログリニューアルのデザインに着手する直前までクリエイター採用サイト
「個」で勝負できるクリエイターは強い
の制作をしていたため、

「次はクリエイターブログをリニューアルしたいからデザインしてよ」

と仕事をお願いされた時は、内心(クリエイター採用サイトで数えきれないほどの学びがあったし、今回は爆速でいいもの作ってやる〜!余裕余裕〜〜!)と思っていました。

そして見出しのごとく浮き足立った状態でとりあえず競合調査からはじめました。


美容室に行く前に参考にするモデルの数は2桁を軽く超える

制作するにあたり、まずはじめに行うのは競合調査。
「アッシュの方がいいかも、赤みがつよいブラウンの方がいいかも。もうショートにしたいかも!」
と思うのと同様に、海外〜国内のブログをとにかく漁りまくります。

そして段々
「最近の流行は黒髪ロングゆるふわで前髪短めか…」
「この輪郭に沿ったカットだと顔が小さく見えるわけね。ふぅん…」
と、流行や細部のこだわりまでつきつめていき、それぞれ「ウリ」の部分を明確にし、4〜5案まで絞っります。

ちなみに今回調べた競合ブログサイトの数と時間は、70程度(3h)でした。


この中のどれかの髪型にしたいとおもってるんですけど、どう思います?

次に、その絞った案のレイアウトやグラフィックを意識しながら、デザインを次々と起こしていきます。
今回は、主に4案制作しました。

それがこちら。
全体のテイストは、統一感を出すためにクリエイター採用サイトに近づけて制作しています。

▼案1
creatorblog_03


▼案2
creatorblog_04


▼案3
creatorblog_05


▼案4
creatorblog_ver01



これらが完成すると、席の近いレビュワーに、直接案を見せに行きます。
重要なポイントとしては

【自分の中でどの案が一番気に入っているかを、理由とともに明確にしておく】

これをしっかり押さえておかないと
「この髪型も〜、この髪型も〜、いいと思ってて〜、迷ってて〜…」
と、美容師さん(ここではレビュワー)の貴重な時間を奪うことになります。

それが美容院の一種の楽しみ方でもあるので、一概には悪いとは言えませんが
仕事の場合は絶対にあってはならないことだと今回痛感しました。
自分の中に答えがある方が充実したフィードバックが得られますネ。

ちなみに「案4」が実際のデザインに一番近いバージョンになります。
こちらに決めた理由は

・更新頻度を考えると、記事は2カラムで十分
・クリエイター向けのブログなので、写真を大きめに表示した方がいい
・カテゴリを、Headerと右カラムどちらにも表示することで、回遊性が高められる
・「いいね!」「シェア数」を各記事に表示することで、人気記事を選ぶことができる
・目立つ場所に採用サイトへの導線を置く

等々。

ここまでに大体2営業日ほどかかりました。


施術・トリートメント・ブロー

あとは一つに絞った案をブラッシュアップして行きます。

エンジニアさんにデザインを共有し、マウスオーバー時の効果や大まかな構成について摺り合わせます。
コーディング技術にまだ疎いため、技術的に厳しいデザインを提示してしまいました。
自分の知識の乏しさに反省!です。。。

その場で「黒髪に染めたあとのブリーチは髪痛みますが大丈夫ですか?」と確認され、青ざめる感覚を味わいました。。。

ですので、途中、コーディングに配慮したデザインに変更したりなどと、色々ありましたが、
最終的に自分の制作物へのこだわりが捨てきれず、どうにか本来のデザインに寄せて頂きました。
諦める方向ではなく、どうしたら実現できるか?という方向で考えて下さるエンジニアさんと仕事ができる環境は、恵まれているなぁと改めて感じました。

同時に、なるべく早い段階で自分の意見を言うべきだったと後悔しました。


ちなみにエンジニアさんとデザインをメールで摺り合わせる際にはこのようなものを送ります。

creatorblog_fb_01



そもそも自分はなぜ髪を切りにきたのか

さて、ここにきて一番肝心な部分を、曖昧にしてきたことに気づきます。
優先順位が最も高い「そもそも、なぜ、このリニュアルをするの?」ということが、自分の中ではっきりとイメージできていませんでした。

そして最終的に
「クリエイターブログの記事を読んでもらって、DeNAに興味を持ってもらって、あわよくば一緒に働く仲間を見つけたい!」
という結論に。まだ未熟なため最後に我に返るはめになりました。。。


「髪型を変えて、好きな人に興味を持ってもらって、あわよくばプロポーズされたい!!!!!!!」
そういうことです。

と、いうわけで最後の最後で右カラムにストーカーのごとくつきまとう採用サイトへの導線をご用意致しましたので、クリエイターの方は是非。



そんなこんなでデザインができあがりました。
リリースまでにかかった期間は、凝縮すると1ヶ月程度でした。



散文になってしまいましたが、今回の学びのまとめとしては

・自分の中でどの案が一番気に入っているかを理由とともに明確にしておく
・エンジニア側の気持ちが察せる程度のプログラミング能力は必須
・遠慮せず早い段階で自分の意見を言う
・ゴールがどこかを把握しないままクラウチングスタートをしない




内容が薄いかもしれませんが、まだ大学生なのでお許し下さい〜〜きゃぴっ!
それでは!