こんにちは。
クリエイターの人事担当の佐藤と申します。
今回は、DeNAでのクリエイターの「個」を活かす取り組みをご紹介します。

DeNAでは今年から、
個人が仕事で制作した作品を、
PORTFOLIOやSNSに
自由に掲載できるようにいたしました。

「クリエイターが自分が作ったサービスやプロダクトを、
自分の名前で、自分の作品として発信できる」
というスタンスを、会社として確立しました。
クリエイターが堂々と作品を世の中に発表できることが
本来あるべき姿なのでは、という考え方が起点になっています。

▼詳しくは、こちらのサイトにまとめられています。
 「個」で勝負できるクリエイターは、強い|DeNAクリエイター採用
02


また、「作品=クリエイターの実績」というスタンスのもと、
「キャリア採用のエントリー時には、履歴書や職務経歴書は不要」と
いたしました。ポートフォリオのみのご提出で構いません。

▼DeNAのクリエイターのポートフォリオも公開中です。エントリーもこちらから
17


さらに、個人の実績を世の中により多く発信できるように、
イベントでの講演やBlogでの執筆の手助けをしています。
仕事以外でのクリエイティブ活動を促進するために、
個展という表現の場を設けています。
今年は、原宿でグループ展を開催いたしました。

▼クリエイターグループ展『でじたる の あなろぐ』
fb7b07f9


▼CG WORLD クリエイティブカンファレンス での講演
DSC_0079


一方で、いいアウトプットを制作できるように、
個人の志向に合わせた、
スキルアップの支援や、制作環境の提供を行っています。
たとえば、書籍の購入補助制度を導入したり、
著名なクリエイターを招いた社内勉強会を頻繁に開催したり。

DSC_0008 3


希望に応じて、モニターも複数使えたり。

IMG_8483


試行錯誤しながら、いろいろな取り組みを行っています。

クリエイターに「これをつくった!」という誇りを持っていただく。
「これをつくりたい!」という想いを、
ストレートにアウトプットにつなげていただく。
まだまだですが、、、そういう感じになればいいな、、、と思っています!

今後も、いろいろな活動を行っていきます!