こんにちは。
デザイン戦略室に所属しております渡辺孝夫です。
アニメ業界、コンソールゲーム開発会社を経てDeNAに中途入社させて頂きました。
今は、リリースを間近に控えた
『パズル戦隊デナレンジャー』
ART全般を担当しています。

このタイトルのART、実は珍しく
一部の絵素材以外全て一人で作成していたりします!!

サドル_Twitter用メインイメージ_02


モチーフを戦隊モノにしたのは
パズルとして色が揃って変化するという仕様から
「レンジャーがシステムにしっくりはまる」
というところからです。

そのアイデアからプロデューサーと共に、
どんどん今の世界観にしていきました。
ただし戦隊モノといえどターゲットを広く取るために、
デフォルメ化したキャラで、明るいトーンに仕立てたつもりです。

こちらのタイトルの開発過程において、
私がこだわった点を2つ、ご紹介いたします。


●こだわり①:世界観と視認性との両立

特にこだわったのが、パズルのコマの絵です。
パズルゲームということでやはり根幹となるのですが
パズルとしての5色の視認性が非常に重要なものとなります。

今回このコマを人間の顔で構成しているのですが
ディテールと視認性の両立がなかなか難しく、
何十種類ものパターンを試作し、実機で試してみては直して、、、
の繰り返しでかなり時間をかけました。

キャラコマ絵


試行錯誤をしている間、
「コマは、顔でないものの方がいいのでは」という
指摘ももらいましたが、
自分としては、やはり世界観として
「顔で表現する」という事が非常に重要だと
考えておりましたので、
色の視認性を高める為に、髪の長さを変えたり、肌の面積を狭めたり、
時には1ピクセルのフチの印象を何度もいじったり、、
など細かい調整の連続で完成までに至った状況です。
また本当の最後に、今までの意見を再度集約して
実はコッソリコマの絵を全部描き直していたりもします。
もちろんメンバーにはしっかりお話はしました。後日ですけど(笑)

※コマ絵のBefore/After
キャラコマ絵ビフォーアフター


ようやく理想のものが出来上がりましたが、
ここまでこだわることができたのは、
ARTに魂を込め続ける信念ももちろん必要ですが
辛抱強く自分のわがままを聞いてくれた、
チームのみなさんのおかげだと心底思っています。

もう本当に色々な意見も、実際にデザイン提案も、
やりすぎてしまった感があるくらいです。
皆さん。これからも仲良くして下さい。



●見出し②:絵日記のイメージ画

これはゲーム本編でキャラが成長する過程で「絵日記」というものが
手に入るのですが、その挿絵イメージになります。
ちなみにこの絵は鉛筆で実際描いた絵を取り込む形で
データにしています。

手描きイラスト


ちなみになぜ、手描きにしたかというと、
やはりデジタルのみではない、
アナログとしての「味」も入れたほうが
世界観がより広がると考えたから
です。
本編のパズルとは切り離したシーンですので、
ちょっと違うサプライズを生み出したい、
というのも一つの理由になっています。

こちら、自分としてはけっこう冒険でして、
手描きにしてしまうと、
ずっと自分で描き続けなくてならないんですよね。
ちょっと味が出てるイラストなので(笑)
試しに、他のイラストレーターの方にお願いしたりもしたのですが
。。。。「無理」だと(笑)。
どうしてもトーンが違ってしまうので孝夫さん自分で
描いて下さい!と優しく怒られました。

自分がこのタイトルのARTをずっとデザインし続ける!
という覚悟を持っていたからこそ、
このような手法も取り入れられたのかな、と思っています。


だから、半端なものは出したくない!と
当たり前ではありますがそのような気持ちを強く持っています。

たとえば今のタイミングでいうと
Twitterでの告知画像にしても全て自分の手で作成しています。

Twitter画像


有りモノの素材を機械的に使うのではなく、
告知文言やタイミングに合わせて、
一点一点文言を頭に浮かべながら制作しています。
リリース前の告知では、ゲームを触ってもらうことができないので、
ARTの占める役割は大きいと思っています。
ここでもしも悪い印象を受けてしまったら、
その印象を払拭するのはけっこう難しい。
ですからこういう場も一切手を抜きません。
当たり前だろ!と遠くから声がきこえそうですけど。

最後に。自分の作りたい世界観を実現するためには、
チームメンバーとのコミュニケーションも大切です。
作業中であっても、常に、周囲の会話に耳を傾け、
必要なときには、こちらから声を掛けるようにしています。

みんなでいいものを作ろうとする姿勢が、
まずはなにより大事だな!

はじめから意識はしていたつもりですが
今、まさに重要だと、より意識を高くもってデザインを進める毎日です。

ちなみに今は、リリース後以降に登場するデザインをガンガン進めています。
なので少しは安心して頂けるとちょっと嬉しいです。
引き続き「魂を込めた絵」を描き続けていきたい思いです。



★『パズル戦隊デナレンジャー』公式ページはこちら!


★リリース前日まで続くキャンペーンはこちらから!


★Twitterもフォローお願いします!